岡田大介建築計画事務所

2014ハセツネ参戦記6/6

まだ深夜2時半の武蔵五日市。やっと帰ってきました。
長いレースでしたが、終わりが近づくとなんだか寂しいような気がするものですね。身体はこれ以上走れないけど、気持ちはもう少し走っていたい。そんな感じでした。
なにはともあれ・・・・・・
ゴーーーーール!
13時間32分21秒。目標タイムよりかなり早い!
セントレア以来の達成感!
いやーうれしかったっす。

ゴールして安心したら空腹感が爆発・・・・・・

ゴール後食べたもの
だんべえ汁
カレーうどん
きつねうどん
ホットドック2本
肉まん3個
焼きそば(実家にあった残りもの)
実家で夕飯をたらふく食べてその日は終了

疲れましたが、とても楽しいレースでした。
おすすめです。
20141013ハセツネ参戦記6_6

▲PAGE TOP

2014ハセツネ参戦記5/6

大岳山頂で最後の休憩。ラストおにぎりを食べたところで日付が変わりました。(スタートから11時間)
試走では、ゴールまで2時間半だったので14時間切りが現実的なラインになってきました。気合を入れ直してもうひと踏ん張り。
日の出山の頂上では、ボラの人たちが「ラスボスクリアでーす!」と大きな声援を送ってくれました。ここまでくれば残すは下り10㎞のみ。気分的にはウィニングランです。
がしかし・・・ラスト5㎞で完全に下りの脚が売り切れ状態に。全然スピード出ないわ転びそうになるわで徐行運転……それまで上りで地道に抜いてきた10人以上にごぼう抜きされました(汗)
とはいえ、ラスト3㎞くらいのポイントで見える下界の明かりは心に沁みました・・・街の灯りに安堵。
20141013ハセツネ参戦記5_6

▲PAGE TOP

2014ハセツネ参戦記4/6

後半戦

それまで、前にも後ろにも選手がいましたが、第二関門の月夜見(42km地点)を過ぎると急に選手間の距離が長くなりました。暗い山の中で見えるのは自分のライトの明かりのみ、聞こえるのは風の音と自分の足音だけ。心細くて恐怖を感じるのではないかと思ってましたが、どんどん心が落ち着き、集中力が増していく不思議な体験でした。山伏の人たちはこんな感じなのかな、と山との一体感を味わいながら黙々と先にすすみます。
遥か上に他の選手の明かりが見えると「うげー!上りなげーな!」と一瞬で煩悩まみれになってしまうのは、修行が足りないということでしょうか。
20141012ハセツネ参戦記4_6

▲PAGE TOP

2014ハセツネ参戦記3/6

補給食の話
途中エイドがないという事で何もって行くか悩みまくり、平常時や試走時に試食して、美味しかったヤツだけを選んだつもりだったんですが、レース本番では身体の感じ方にかなりの違いがありました。
電解質はTOP SPEEDのウルトラミネラルタブレット→コレ気に入ってます。甘くなくてGOOD!
shotzジェル→頼りにしてましたが5袋目くらいから甘さが苦痛に・・・グリーンプラムとコーラ味が個人的には好き。
CLIF SHOT BLOKS(グミ)→試食した時は美味しかったけど、運動中だと甘すぎ。一本で嫌になりました。
グリコNumber BANANA→しっとり系の固形食。意外とよかった。2本しか持っていかなかったので序盤で完食。
梅おにぎり→最強。口のなかの甘ったるさもリフレッシュ!

やはり山にはおにぎりですね。
今後、アンパンとかサンドイッチも検討したいと思います。
20141012ハセツネ参戦記3_6

▲PAGE TOP

2014ハセツネ参戦記2/6

スタートから三頭山(標高1531m)まで(約36㎞)が前半戦。
いくつかのアップダウンはあるものの、基本的に上りベースのツライ道のりです。スタートの位置取りと、直後のスタートダッシュが終わった後は、心の中で「ゆっくり!ゆっくり!」と、はやる気持ちを抑えながら走りました。
とくに最近、急勾配な登りで調子に乗ると左膝が痛くなる傾向があったので、一歩を小さく(他の人が二歩で登るところを三歩で登る)チョコチョコと登ることを心がけました。
とはいえ、ピッチは保って地道に一人づつ抜いていき、リザルトをみたら、スタートから三頭山を下った第二関門までで242人抜いてました。思ったよりいいペース。
(スタート前、みなさんから聞いていた14時間切りのタイムスケジュールにバッチリ乗っていたので大満足でした)
20141012ハセツネ参戦記2_6

▲PAGE TOP

2014ハセツネ参戦記1/6

日本山岳耐久レース 通称:ハセツネ
総距離71.5㎞ 累積標高 4800m 制限時間 24時間

参戦してまいりました。3年前にトレランを始めた頃は、山を71㎞、しかも夜中に走るレースなんて「頭のおかしいヤツ」が出るもんだと思ってましたw
でも、出ちゃうもんなんですねー山走ってると。。。しかもすごく楽しみ。
戦いは前日の荷造りから始まります。ハセツネはレースを通して一度だけ42㎞地点で1.5リットルの水かスポーツドリンクを補給できるのみで、その他の給水や食料補給はありません。
なので、まずどのくらいの補給食と水を持っていくかがスゴク重要です。速い人ほど水分も補給食も少なくてもいいですが、もしもの時はダメージが大きいです。というか完走すら危ういです。そしてそれは防寒具も同じこと。いろんなブログや知り合いからの情報を元に、今回の想定完走時間を16時間に設定することにしました。
結果、補給食:水3.5リットル ジェル15袋 補給用のグミ4袋 Number BANANA3本 小さいおにぎり5コ
防寒着:薄長袖・中長袖・レインウェア上下・頭に巻くヤツ
夜間対策:ヘッドライト ハンドライト 予備電池

結構な量の荷物に・・・(汗)
食べる順番や使う順番を考えながら小さいリュックに詰め込みます。
もうパンパン。そして重てぇ・・・!

6kg以上ありそう(汗)
しかーし!備えあれば憂いなし!ということで
ゆっくりでもいいので確実に完走を狙う方向性で装備を整えました。

20141011ハセツネ参戦記1_6

▲PAGE TOP